歯医者で早めの治療をしよう!ブラッシングの注意点

正しいブラッシングをする為に歯医者で自分の歯の状態を確認しよう!

正しいブラッシング方法

虫歯などの口の病気を予防するには、正しいブラッシングをする必要があります。正しいブラッシング方法は歯医者で習うことができます。健康的な歯を保つために、歯磨き粉や歯ブラシの選び方も確認してみましょう。

歯医者で早めの治療をしよう!ブラッシングの注意点

医療器具

低研磨性の歯磨き粉

市販の歯磨き粉には、歯についた汚れを落とすために、研磨剤が入っているため、綺麗に汚れが落ちます。しかし、研磨剤は歯の削れの原因とも言われているので、注意しましょう。研磨剤入りの歯磨き粉を長年使うことで、徐々に歯が削れてしまいます。その結果、歯の削れ目に汚れが溜まりやすくなり、虫歯や着色汚れなどの症状がでます。そういったことのないように、低研磨性の歯磨き粉を使うようにしましょう。低研磨性の歯磨き粉は歯医者で販売されています。

自分に合った歯ブラシを選ぶ

市販の歯ブラシは「やわらかめ」「ふつう」「かため」の三種類あります。「かため」を使わなければ磨いた気にならない人が多くいますが、固い歯ブラシを利用している人は、歯が削れるだけでなく、象牙質がむき出しになり、知覚過敏を引き起こしてしまいます。固い歯ブラシでも、優しく適度に磨けば、大丈夫なのですが、力任せに磨くと危険です。人によって、最適な硬さがあるので、一度新宿駅近くの歯医者で相談してみましょう。

広告募集中